30日でマスターするピアノ教本で学べることとは?

30日でマスターするピアノ教本は通信講座でピアノを学ぶことができますが、どんなことが学べるのかについて簡単に知っておきましょう。

 

まず学べることはピアノに関する基本的な楽譜の知識やピアノの弾き方。30日で学べるようにカリキュラムが組まれているので、それを目安にDVD講座通りに進めていけばピアノが上達していきます。もちろん、30日というのはあくまでも目安になりますから、時間に余裕がある方はどんどん進めることができますし、反対に時間があまり取れない方は自分のペースでゆっくり進めることもできますよ。

 

この自分のペースでピアノを学べるというのはピアノ教室で学ぶのでは絶対にない体験でしょう。

 

ピアノ教室の場合はグループレッスンの場合は他の生徒さんたちの進み具合に合わせないといけないですし、個人レッスンでも先生のスケジュールに合わせてレッスンを進めていくことになるので、自分のペースで進めることは難しいです。

 

でも、「30日でマスターするピアノ教本」ならピアノの基本を学べることだけでなく自分のペースで進めることができるので、自己管理能力を身に着けることもできるのですね。自分のペースでピアノを学べることはストレスフリーで練習ができるということも言えるでしょう。基礎をしっかりと身に着けてみてください。

基礎ができれば後は自分の好きな曲が弾ける!

30日でマスターするピアノ教本で基本的なことを学んだら後は自分で好きな曲の楽譜を準備して練習していくだけになります。基礎的な知識と技術は身についていますし、教材で学んだ練習方法をそのまま自分の弾きたい楽譜を練習することができますよ。

 

基礎さえ出来てしまえばあとは自分でどんどん進めることができるので、弾きたい楽譜を練習していきましょう。

 

いきなり難易度が高い楽譜を弾くのはできないことはありませんが、弾けるようになるまで時間がかかりますから、教材で習った課題曲を参考に楽譜のレベルを決めていくといいですよ。

 

「30日でマスターするピアノ教本」で第3弾くらいまで練習すれば初級〜中級レベルの楽譜なら弾くことができると思いますので、そのあたりの楽譜を用意するといいでしょう。この教材のいいところは「自分がどのくらいのレベルの楽譜ならチャレンジできるのか?」というのがわかるところ。

 

初心者がピアノを独学で続けていく上でもっとも難しいのが「自分にあったレベルの楽譜を見つける」ということなのですね。でも「30日でマスターするピアノ教本」に取り組んでいれば自分のレべルがわかるので、そういった意味でもおすすめですよ。