ピアノの独学練習方法!

ピアノ 独学練習方法

 

ピアノを独学で練習して弾けるようになりたい!そんな方のためにどんな練習方法をすればいいのかということを簡単に紹介しておきますね。

 

まず最初に取り組んでほしいのは「正しい姿勢と指使いを覚える」ということ。ピアノが上達していくためには正しい姿勢と指使いを覚えるのは基礎中の基礎になります。とりあえず弾いてみるというのもいいことですが、どこかのタイミングで正しい姿勢と基本的な指使いを学ばないといけないタイミングが来ます。

 

ですので、最初のうちに基礎を学んでおくことで後々の練習が楽になりますよ。

 

次に意識してほしいのは「楽譜に慣れる」ということ。最初から楽譜を完璧に理解する必要はありませんが、楽譜は読めないよりは読めた方が覚えは良くなります。記号の意味などは後から覚えていけばいいと思いますが、最初の段階で五線譜の音符がドレミファソラシドのどれなのかや長さはどのくらいなのかは覚えておくといいでしょう。

 

ちなみに、楽譜を覚えるときにドレミを書くのは良くないとされていたりしますが、そんなことはありません。最初の段階ではドレミを楽譜に書いていいですし、鍵盤にもシールか何かでドレミを振っておくのをおすすめします。

 

 

そして、実際にピアノを弾くことに関してですが、まずは「基礎練習を毎日5分でもいいから続けてみる」ことをしてください。同じことを何度も繰り返し練習するのは退屈ではありますが、練習を繰り返した分頭ではなく指がピアノの動きを覚えるようになってくるので、はじめのうちはゆっくりでもいいいから毎日基礎練習は続けてください。

 

最後に自分の弾きたい曲が弾けるようになるために、「何度も弾きたい曲を聴く」ことをしてみましょう。何度も聞いている有名な曲でもいざ自分が弾いてみようと思っても音程や正しいスピードがわからないことがあります。何度も繰り返し聴いて練習に取り組んでみましょう。

 

 

>>30日でピアノが弾けるようになる?魔法のピアノ教材はコチラでチェック!

 

独学のメリットとは?

ピアノを独学で学ぶことにはピアノ教室に通うのでは感じることができないメリットがあります。それは「自由に学べるから楽しい!」ということ。

 

ピアノ教室に行って練習を始めると最初のうちは楽しいです。でも、だんだん慣れてくると飽きてきたり、グループレッスンをしているときは周りとの進み具合が違って不自由な思いをすることになるのですね。そんな経験をしてピアノから結局離れてしまったという方も意外と多いですよ。

 

けれども、独学でピアノを練習する場合、自分のペースで練習を進めることができるので余計なストレスを感じることがないのですね。例えばピアノ教室の先生や周りで一緒にレッスンを受けている生徒とコミュニケーションをとるのが大変ということはありませんし、ピアノ教室に通う移動時間や日程調整なども必要ありません。

 

ピアノ教室でのレッスンはせいぜい1時間くらいなのにピアノを習うために通学時間などを考えると結局2時間くらい時間が必要になってきます。ピアノに触れているとき以外の時間は無駄な時間ですから上達することはありませんし、ピアノ教室に通うことは逆に練習時間を削っているのですね。

 

でも、独学なら自分の好きなタイミングで練習することができますし、練習時間も時間がとれなくて10分程度で良ければ、2時間ずっと練習するということだってできます。独学でピアノを練習することは「自由度が高い」というところにメリットがあるのですね。

独学でもピアノは弾けるようになるの?

ピアノ 独学

 

独学でピアノを学ぶことは自由度が高くて自分のペースで学べるというメリットがありますが、その一方で「独学でピアノが弾けるようになるのか?」という疑問も出てくると思います。

 

確かにピアノが弾けるようになりたいならピアノ教室に通うというのが当たり前のように思えますよね。でも実際はそんなことはありません。ピアノ教室に通ってどんなに優れた先生に習おうとも「実際に練習するのは自分」なわけですから、本人次第でピアノが弾けるようになるかどうかは決まるのですね。

 

もちろん、コンクールやコンテストに出場できるくらいのレベルになりたいなら先生に習った方がいいですが、、プロになるのではなく趣味レベルで弾くということであれば独学でピアノは弾けるようになります。

 

ただすべてを自分の力で学んで行くのは効率が良くないですし、わからないこともたくさん出てくるのでなかなか練習が進まないという場合がありますね。そんなときにおすすめなのがピアノのDVD教材でレッスンを進めていく方法。

 

本だけの教材とは違ってDVDで練習することができるので実際に先生が演奏している動画を観ながら練習を進めていくことができます。目で動きを見て、耳で演奏を聴いて、リアルタイムで鍵盤に触れながら練習することができるので、ピアノ教室で学んでいるのと環境的にはほとんど変わりはありません。

 

気になったところをすぐに聴けるわけではないので、その点はデメリットとして挙げられますが、自分で積極的に学んで行くことができるので上達はピアノ教室にいくよりも早いかもしれません。

 

30日でマスターするピアノ教本はまさにDVDを使って自宅でレッスンすることができる教材となっていますので、独学でピアノを弾けるようになりたいと思っている方にはおすすめです。ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

>>30日でマスターするピアノ教本で独学でもピアノが弾けるようになる!