薬指を無理に独立させる必要はない?

初心者がピアノを弾く上で悩まされるのが「薬指が自由に動かない」というところ。

 

楽譜を練習しているときに薬指を使うポイントがあるとそのタイミングでリズムが崩れてしまったり、音の大きさがバラバラになってしまったりすることがあって、上手に演奏できないという悩みを抱えている方は多いでしょう。

 

中には全く薬指が動かせないでピアノをやめてしまう人もいたりするので初心者にとっては大きな壁として薬指の動きというのが課題になったりします。

 

子供のころからピアノを練習しているならまだしも、大人になってから薬指を自在に操ることはなかなか大変だったりします。というのも、薬指は中指や小指の神経とつながっていると言われていて、そもそも独立して動かすのが難しいとされているから。

 

トレーニングすることである程度は動かせるようにはなりますが、自由に動かすというレベルまでいくとなるとなかなか大変かもしれません。

 

ただ、薬指を独立して動かすことができなくてもピアノを弾くという上ではそこまで大きな問題ではないですよ。プロのピアニストを目指すのであれば大きな課題になるかもしれませんが、初心者が趣味である程度のレベルの楽譜を弾けるようになるくらいなら問題ではありません。

 

このように言えるのは薬指を動かす上でどうしたらスムーズに動くのかを知れば、ピアノは弾けるからです。例えば5本の指をテーブルに着けて薬指だけ動かそうとするとなかなか動かすことができませんが、親指だけテーブルにつけて支点にしてみると音が鳴るくらい強く薬指を振り下ろすこおができるはずです。

 

これは5本の指をテーブルにつけたときと違って手首を動かすことができるから、薬指を動かしてテーブルを叩くことができるのですね。

 

つまり、ピアノを弾くときも指だけで動かそうとしないで、手首を動かすことで薬指の不自由さをカバーすることは可能ということになります。

 

もし、薬指を独立させることができないのなら手首を上手に使ってみるということを意識して取り組んでみるといいかもしれません。

指のトレーニングをしてみよう!

手首を使うことでピアノをスムーズに弾くことができるようになるので無理して薬指を独立して動かせるようになる必要はありませんが、それでも自由に指を動かせるようになることはピアノを弾く上でアドバンテージになることは言えるでしょう。

 

余計なストレスを感じませんし、演奏も楽しくなりますからね。

 

ですので、薬指を独立して動かせるようになるために必要な練習方法を紹介しておきますね。

 

指のトレーニングをする上で最も効果的なのは「ハノン」などの基礎練習です。地味な練習で決して楽しくはないのですが、トレーニングを積むことで確実にピアノが上達しますよ。

 

どんなことでも基礎がしっかりしていると物事がスムーズに進みますし、応用も効きますよね。これはピアノであっても同じことが言えるので、できる限り基礎練習はしておいた方が結果的には近道になります。

 

ただ、ピアノ初心者が指のトレーニングの練習をしてみると、「どんな風に練習したらいいのかわからない」ということもあります。教本だけ読んでも音や動きがないとなかなかイメージしにくいですよね。

 

そこで活用してほしいのが「30日でマスターするピアノ教本」の特典としてついてくる「指をスラスラ動かすための練習曲集」。

 

この練習曲集を活用すると薬指のトレーニングはもちろん、指全体のトレーニングができるようになるので、ピアノの演奏もレベルアップしていきますよ。

 

そして何より嬉しいのがDVDを観ながら練習することができるということ。動きと音、そして先生の解説つきで練習することができるので、自分ひとりで練習するよりもはるかにわかりやすいですし、効率がいいです。

 

 

課題曲を練習するための動画はあったりしますが、ピアノのトレーニングをするための練習動画は「30日でマスターするピアノ教本」ならではですから、こちらを参考にぜひ薬指を自由に動かすことを目指してみてくださいね。