ピアノで左手が動かない…

ピアノ 左手

 

大人になってからピアノを始めると最初のうちは右手でメロディーラインを弾いて練習するので調子よく弾けるようになりますが、左手を合わせようと思ったら全く手が動かなくなってしまうということがあります。

 

左手どころか右手も動かすことができなくなってしまって、どうしようもないような気持ちになってしまいますよね。左手が動かないというのはピアノを挫折してしまう最初の壁ともいえることなので、多くの初心者が悩んでいますし、ましてや大人になってからピアノを始めた人にとっては一生弾けないんじゃないかと思うくらい深刻な問題でしょう。

 

左手を動かすためには地味な基礎練習を続けることが最短の上達方法になります。

 

右手はメロディを弾くのでリズムも取りやすいですし、動かしやすいですが、左手は利き手ではない方も多いですし、リズムも取りにくいので苦戦するとは思いますが、ハノンなどの基礎練習を繰り返していくことで何も考えずとも指を動かせるようになっていくようになると、スムーズに手を動かすことができるようになりますよ。

 

動かせないのなら動かせるように練習するしか改善する方法はありませんし、そのためには基礎練習は避けて通れない部分がありますので、根気強く練習を続けていくとだんだんと指を動かせるようになっていきます。

大人でも左手を動かすための裏技

大人になってからピアノを弾けるように練習している方にとっては左手を動かすのは本当に苦労します。子供のようにぐんぐん成長するというのはなかなかないことなので、根気強く、粘り強く練習していくことは絶対条件になりますね。

 

ただ、大人だからこそできる裏技というようなこともないわけではありません。

 

大人と子供の違い大きな違いとしては、考えながら練習をすることができるところが挙げられます。

 

子供は素直に教えられたことをやるだけで成長することができますから、あまり考えなくても上達していきますが、大人はそうはいきません。ちゃんと考えながら練習する必要があります。

 

そこで、左手も弾けるようになるための考え方のコツを紹介しておきたいと思いますね。そのコツというのは「左手に意識を持っていって演奏する」という方法。

 

左手が動かないのなら左手に比重を置いて、弾くようなスタイルをとってみるといいですよ。その分右手は確実に間違えないように弾けるようにしておく必要がありますが、おそらくこの方法が弾ける可能性をグッと高めてくれるはずです。

 

演奏するときは左手に視点と意識を向けて、両手で弾けるようにしてみましょう。それができたら今度は情感を込めて演奏したり次のステップに進むことをおすすめします。

 

一気に両手で弾いて、情感も込めて、、、などのように成長することは難しいですが、一歩ずつなら練習することで必ず成長していきますから、時間がかかっても一歩ずつ成長していくように取り組んでいきましょう。

 

30日でマスターするピアノ教本を使えば左手が動かない人でも一歩ずつ上達していきますから、取り組んでみるのも一つの手段ですよ。