30日でマスターするピアノ教本の口コミを調べてみた!

30日でマスターするピアノ教本

 

30日でマスターするピアノ教本は現役ピアノ講師の海野真理先生が企画・執筆・制作に携わった初心者のためのDVDピアノ教材。口コミでの評判も高くてこの教材をきっかけにピアノに挑戦したり、再びピアノを習い始めたという方も多いですね。

 

そんな30日でマスターするピアノ教本に関する口コミについて見てみると以下のようなことが書かれています。

 

【30日でマスターするピアノ教本の口コミ】

 

・先生の説明はとても良くわかりやすいです。ゆっくりピアノを練習して楽しみたいと思います。

 

・大変わかりやすく、ピアノ初心者の私でもノロノロではありますが、一曲、二曲、三曲と進めて楽しくなってきました。

 

・昨年キーボードを購入しましたが、独学では前進せずに悩んでいました。しかしこの教材を購入してからは、わずか数日で「歓びの歌」が弾けるようになりました。また、毎日のように届く海野先生からの励ましメールもとても楽しみにしています。

 

・昔娘に買った電子ピアノが埃をかぶっていたので、ボケ防止と何か1局ピアノで弾きたいとの思いがあったので始めました。教材は大変わかりやすく海の先生のレッスンと編曲は素晴らしいと思います。

 

>>30日でマスターするピアノ教本の口コミをもっと見てみる!

口コミでわかる評価できるポイントとは?

30日でマスターするピアノ教本の口コミを見てみると評判通り高い満足度を表すようなコメントが並んでいました。口コミを見てわかるポイントとしては「わかりやすい」という言葉目立ちますね。

 

DVD教材なので、実際に目の前に先生がいてレッスンするのと比べると何となく嫌という感覚になりそうな気がします。子供の頃から学校の授業では先生がいてその中で勉強をするというのが染みついているので良くないイメージがありますが、実際はそんなことはないのですね。

 

考えてみると東大合格などの実績のある予備校の東進ハイスクールでは通信講座となっていて、ビデオを観ながら勉強するスタイルで成功しています。

 

DVDを観る通信講座の場合、「気になったところやわからないところを何度も繰り返し確認できる」のがわかりやすさにつながっているのだと思いますよ。先生にすぐに質問することはできませんが、自分で理解する意欲もでますから前向きに学ぶことができるのですね。

 

何度も先生に聞きに行くのは気が引ける人もいますし、先生によっては嫌がる人もいます。そうすると意欲がなくなってしまって結局ピアノから離れてしまうということになりかねません。

 

だから30日でマスターするピアノ教本のようにDVD講座で何度も繰り返し観られるのはピアノを学ぶ上で大事なポイントになりそうですね。

 

また、30日でマスターするピアノ教本の口コミを見てみると年齢の高い人がこの教材にチャレンジしている印象がありました。60代や70代など定年後の趣味として始める方が多かったです。

 

教室に通うわけではないので、自分のペースで学べるのもメリットがあって、のんびりと趣味の範囲で取り組めるのは高く評価されていましたよ。

 

「わかりやすさ」と「自分のペースで続けられる」という2点が30日でマスターするピアノ教本の口コミを見てわかる評価ポイントと言えるでしょう。

30日でマスターするピアノ教本で本当に弾けるようになるの?

30日でマスターするピアノ教本の口コミを見てみると評価も高くて、楽しく学べているという印象はわかりました。ただ、一つだけ気になるところがあります。

 

それは「30日でマスターするピアノ教本で本当に弾けるようになるの?」ということ。

 

定年後の趣味としてやボケ防止としてピアノを始めるという方が多いですが、中にはピアノ教室に通わないで独学で初心者でもピアノが弾けるようになりたい!と思っている人がこの教材で本当に弾けるようになるかは口コミを見た感じだとあまりわかりませんでした。

 

そこで、本気でピアノが弾けるようになりたいと思っている人もおすすめできるのかについて調べてみました。すると、実際にこの「30日でマスターするピアノ教本」に挑戦した人のブログを見つけましたよ。

 

 

【参考記事】
30日でピアノが弾けるDVD講座を実際に手にした感想と進め方について

 

 

教材で扱う曲はマイナーチェンジしているみたいなので、今の教材に取り入れられている曲とは違っているみたいですが、難易度としては特に変わりはないようです。

 

実際に「30日でマスターするピアノ教本」に取り組んで全くの初心者の人が3ヶ月でここまで弾けるようになるのはすごいことだと思いますし、「30日でマスターするピアノ教本」にちゃんと取り組めばボケ防止のためではなく、本当にピアノが弾けるようになるのですね。

 

もちろん、ちゃんと練習をしなければ弾けるようにはなりませんし、人によって練習時間もモチベーションも違ってきますから3ヶ月であれくらいの演奏ができるかどうかは目安にしかなりませんが、「練習すれば必ず弾けるようになる」ということは言えると思います。

 

30日でマスターするピアノ教本はちゃんと取り組めば本当に弾けることができるでしょう。

 

 

メディアやプロの演奏家も推薦!

30日でマスターするピアノ教本は一般人からの口コミ評判が高いですし、実際に取り組んでみてピアノが弾けるようになった人もいますから教材としてはなかなか優れているのではないでしょうか。

 

さらに30日でマスターするピアノ教本について調べてみるとメディアで紹介されていたり、プロの演奏家も推薦している教材というのがわかりましたよ。

 

 

例えばメディアではスカイパーフェクTVやテレビ東京「ナナクロ」京都放送「ぽじポジたまご」などCS放送や地方局では何度も紹介されているみたいですね。また、NHK交響楽団で演奏されている方も高く評価しています。

 

30日でマスターするピアノ教本の評価できるところとしてこれまでに挙げられた「わかりやすい」「自分のペースで続けられる」ということ以外にも「弾けないから嫌になるということがない」という点も評価されていました。

 

ピアノが嫌になることのきっかけになりやすいのが、「楽譜が読めないから弾けない」ということがあるのですが、この教材は楽譜を覚えることから始めるのではなく、弾きながら覚えるということができるのですね。

 

30日でマスターするピアノ教本

 

ピアノは楽器だから難しいというイメージがありますが、弾けるようになる原理は水泳だったりゲームと同じですよ。

 

水泳ができるようになるのに陸の上でずっと水泳のフォームを練習することはないですよね。それよりもとりあえずは水に飛び込んでまず水に慣れることから始めます。

 

それからだんだんと泳ぎのフォームを身に着けていけばいいのです。

 

また、ゲームに関しても説明書を読み込んでイメージをして…ということをすることはないと思います。まずゲームをやりながらわからないことを説明書で確認してテクニックを身に着けていくということをしますよね。

 

ピアノもこれと同じで、まずは動画を観ながら弾いてみて、わからないところは先生のアドバイスを聞きながら進めていくのが上達への近道になります。

 

そんな風に学べるのが30日でマスターするピアノ教本ですから、積極的に活用して学んでみてくださいね。

30日でマスターするピアノ教本なら経済的な負担もかからない!

ピアノに限らずギターだったりドラムだったり楽器を習うときに気になってしまうのが経済的な負担。楽器を習うのには思っている以上にお金がかかるんですよね。

 

例えば、もしピアノ教室に通うとするなら、まず入会金がかかります。それから楽譜代にレッスン代、電車やバスで通う場合は交通費もかかりますし、先生に対しておみやげ等の贈答品などもかかりますから、思っている以上にお金がかかるものなんですよ。

 

でも、30日でマスターするピアノ教本なら経済的な負担は最低限で済みますよ。

 

教材を買ってしまえばあとは一切お金はかかりません。テキストと楽譜、DVDのみお金がかかるので、入会金もレッスン代も、もちろん交通費がかかることもありません。

 

ピアノ教室にもよりますが、おそらく年間で10万円前後は金額が違ってきます。

 

教室に通おうが教材を使って自宅で独学で学ぼうが、結局やるのは自分なので、人に言われなくても自分でやっていけると思っているのなら経済的で効率もいい「30日でマスターするピアノ教本」の方が賢いかもしれませんね。

 

ピアノが弾けるようになりたいと思っているのなら、30日でマスターするピアノ教本をおすすめしますよ。ばっちり弾けるようになっていきましょう!

 

 

>>30日でマスターするピアノ教本でピアノを弾けるようになる!!